So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の快速富士山はお休みです<m(__)m> [音楽]

今回はブラジルネタ再燃(笑)トニーニョオルタ(g)と小野リサのジョイントライヴが
六本木のビルボードライヴ東京で行われたので行って来ました[るんるん]
IMG_5393.JPG

あのジャズ界のスーパーギタリスト「パットメセニー」も影響を受けリスペクトしまくっている
ブラジルはミナスジェライス出身のギタリストと書けばどれだけ凄い存在か理解していただける方も
居ると思います。小野リサとは彼女のアルバム「エッセンシア」にトニーニョオルタも参加していた
こともあり今回の共演となったのかと思います。
IMG_5397.JPG

もう生のトニーニョオルタが拝めるなんてと大興奮!それなのに今回私は予約のタイミングが
遅れいつもならサービスエリアと呼ばれる比較的ステージを近く感じられる席を取れていたのですが
今回に限ってはもう全て埋まっていてカジュアルエリアと呼ばれる安いけどステージから遠く
迫力に欠ける席になってしまいました(涙)かなり古い例えですが後楽園球場のジャンボスタンドから
野球を観戦する感じでしょうか(苦笑)それでも普通のホールコンサートと比べればかなり良いのですが。
IMG_5399.JPG

肝心のライヴの内容は私の予想が良い意味で外れこれは大当たり!
最初トニーニョオルタのみがステージに登場し彼のソロで3曲[わーい(嬉しい顔)]
続けてピアノの林正樹どデュオで更に3曲!それからやっと小野リサ登場で今回はギターを持たず
歌とパーカッションのみ。ふらりとライヴに来て飛び入り参加した感じの構成[猫]
もちろん小野リサさんとのジョイントも期待しているのですが
小野リサさんはもう毎年ライヴに行っているのでなるべくトニーニョオルタのギターと歌をじっくり
聴きたかったというのが本音でもあったのです(^^;
私の横の女性二人組は小野リサさん狙いだったらしく最初トニーニョオルタのみ登場して演奏を始めた時
やや不満な言葉を漏らしたりしていましたが今回のライヴで彼の魅力にハマって帰ってもらえたら
いいなあとか思っていました。
それでは今回3曲目に彼がギター1本で歌ったライヴでは外せない曲「アキ・オー」をどうぞ!
もうこの曲が始まった瞬間私など久々に鳥肌モノの大感動[るんるん]ほぼ今回のライヴに近い映像を選びました。


そして今まで何度もここでライヴを観てますがいつも演奏中はステージ後ろの幕は閉じられているのですが
最後の曲になって開き出したのにはプチ感動、電飾で飾られた樹木やビルのあかりなど東京の夜景バックの
演奏はテンショが上がらずにはいられません!トニーニョオルタ自身もその後のアンコールの曲が
始まる前に外の夜景を何度も見ていました[夜]どうしても客席が反射してしまいますがライヴ終了後に撮ってみました。
IMG_5400.JPG

更にライヴ終了後にサイン会も行うと聞かされステージが遠かった分ここで接近せねばと
欲張ってCDを2枚購入してサイン会の列に並びました(笑)
もちろん次から次へと流れ作業式にサインをもらって終了かと思っていたらこれがまた
ラテン系のミュージシャンは心も熱かった~!サインに握手、更に写真も撮ってもらい
少しですがお話しする時間も!何だこの大サービスは!!最後に再び握手[グッド(上向き矢印)]
ついさっきまで素晴らしい音楽を奏でていたあの手とガッチリ!意外にもやわらかく温かい手でした。
せっかく話せる機会なのにもう舞い上がって言葉が出ないで簡単な単語ばかり(苦笑)
トニーニョオルタもポルトガル語、英語、日本語と色々と交ぜながら話してくれます。
これだけのスターなのに常に笑顔と気遣いとフレンドリーさで人間的にも惚れてしまいました(笑)
このサインしてもらったCDジャケットをご覧になればどれだけ私が興奮していたかが(^^;
せっかく貰ったサインですが右端の部分のインクが・・・(汗)つい手で触ってしまって擦れてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
蒸気機関車に線路端でギーターを構えると2枚とも鉄分の多いジャケですね(苦笑)
IMG_5409.JPG

無事ライヴも終わりあとは帰るだけ、しかし私は家のある方向とは逆に飯田橋方面へ向かっています。
もうおわかりの方も多いと思いますがまたです(笑)人間贅沢を覚えてしまうとダメですね(^^;
※ここからは昼間に撮影しておいた写真を使います。
今回の私のねぐらは飯田町駅の跡地(笑)この線路を歩けばホテル到着[電車]これからの時期落ち葉による空転注意(笑)
DSC02035.JPG

ホテルの部屋からは先程歩いて来た線路も見えます(道路手前)
DSC02041.JPG

本物の方はかなり厳しい電チラ状態ですがとりあえず部屋から走る電車も見えます(苦笑)
ちなみに一番右のビルは現在は違いますが数年前まではJR貨物本社でした。
DSC02045.JPG

朝ホテルで食べるクロワッサンとコーヒーは私にとってランチやディナーよりも贅沢な気持ちになれます。
ここのパンは美味しいので六本木から少し離れていますがあえて飯田橋に宿泊[喫茶店]
東京ミッドタウンならザリッツカールトンがあるからそちらの方が良いのでは突っ込まれそうですが
私には分不相応なので、本当は泊まってみたいのですがハードル高し(苦笑)
IMG_5405.JPG

ここはビジネス街でもあり会社も多く朝の出勤風景を見ながらまったり摂る朝食は寝台列車の
中から寝そべりながらラッシュアワーの風景を見るのと同じような感じ(笑)
IMG_5404.JPG

このライヴの翌日はブラジル大使館でトニーニョオルタの歓迎式が行われた様でこれも行きたかった~!
一般人も入場OKで約1時間のライヴにお酒等も全て無料で振る舞われたとのこと。
11月はじめまで日本に滞在し代官山でのライヴではレコーディングもされるとのことで
この模様も後日CDで楽しめるとあって楽しみが尽きません!

おまけ
前にサイゼ店内から快速富士山を狙った時に少し通ったのですがこの時は野菜が超高値で
ランチに付くサラダに変化があったのでその様子を記録してみました(笑)

最初にこれがスタンダード(ドレッシングは通常のもの)
IMG_5383.JPG

次はレタスが高値のため量が減りトマトに変更
個人的にはトマト好きなので全く問題なし(笑)
ここでトマトになるならとドレッシングをオリーブオイルドレッシングに変更
IMG_5343.JPG

最後にはレタスではなくキャベツになってしまいました(苦笑)
短期間ですがこの変化の様子もなかなか面白い!
現在は元に戻っている様です。
IMG_5357.JPG


フェスタドブラジル2016 [音楽]

今年もサンシャインシティで開催されたフェスタドブラジルに行って来ました。
私にとっては美味しいブラジル料理音楽で龍宮城気分[グッド(上向き矢印)]
DSC00826.JPG

残念ながら天気には恵まれませんでしたがサンバやボサノヴァを聴けばそんなの関係ねえデス(笑)
DSC00982.JPG

とりあえずシュラスコと[レストラン]
DSC00840.JPG

カイピリーニャを買って[バー]
DSC00717.JPG

スタンバイOK牧場[exclamation×2]
DSC00731.JPG

生の演奏を聴きながらこりゃたまらん[猫]
DSC00846.JPG

食べながら体も自然に動いてしまいます[るんるん]
DSC00859.JPG

途中ダンサーも加わり更に盛り上がります[わーい(嬉しい顔)]
DSC00864.JPG

ブラジル雑貨、CDの販売や実際にサンバの踊りや打楽器の演奏を体験出来るコーナーもあり。
DSC00923.JPG

リオデジャネイロオリンピックの報道写真のコーナーもありました[カメラ]
DSC00920.JPG

そして今年も中原仁さんのDJで次から次へとマニアなブラジル音楽を紹介!
私などわからない曲多しで(苦笑)
DSC00948.JPG

サンシャイン60通りではサンバパレードも同時に行われていますが体はひとつしかないので
どちらかを諦めなければなりません[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC00697.JPG

とりあえずほんの一瞬だけ見て終了、今年は音楽ライヴメインにしました。
DSC00707.JPG

夜になってもまだまだ続きます[犬]
DSC00953.JPG

この時間になると皆さん更にテンションアップ[グッド(上向き矢印)]
やはりラテン気質の人多しなので皆さん踊り出しもうカオス状態(笑)
DSC00961.JPG

それではこの時の雰囲気を少しでも味わってもらいたいので動画をアップしておきました。


大盛り上がりでこの日のライヴは全て終了、今まで毎年思っていたのですがこれから家に帰るのがだるい(笑)
しかし今回はスタバでアイスラテを買って数分後には雨にも濡れず部屋に到着[喫茶店]
DSC00978.JPG

前の記事にも書きましたが青森の旅の予算を今年はこちらに投入!
多摩地区住民がサンシャインシティ内に一度泊まってみたかっただけの話しなのですが(苦笑)
更にもうひとつ狙いがあったのですがこちらは雨で完全に企画倒れ[雨]
ホテルの部屋から鉄分補給の夢破れる(涙)
この部屋からは全ての編成は入りませんが山手線大塚駅方面と東武がかろうじて撮れます。
右下に見える赤い屋根は走っていませんが成田エクスプレスです。
DSC00979.JPG

こちらは大塚方面、赤い三菱看板の左が山手線の線路です。
DSC00980.JPG

翌朝一番の屋内のイートインコーナー、もちろんお客さんはまだいません。
DSC00991.JPG

朝食を摂りテレビでリオパラリンピックの閉会式を観てから
部屋を出るとボサノヴァコンサートが始まっています。
ちなみに今回の閉会式で使用され思わず私が大喜びした曲をリンクしておきます。
パラリンピックと歌手は違いますが作者のジョアンドナートとジルベルトジルの歌で!
ア・パス(平和)というタイトルで日本人では小野リサのアルバムサウダージでも聴けます。
João Donato & Gilberto Gil - "A Paz"
https://youtu.be/dQp9uRk4Qf4

DSC01001.JPG

疲れたら部屋に戻りまたホテルを出るとすぐにサンバのリズムが聴こえて来ます[るんるん]
玄関出たらすぐ目の前がステージとは贅沢過ぎます[わーい(嬉しい顔)]
最前列は気合いの入ったカメラの方ばかり、思わずお召しでも走るのかと思ってしまうほど(^^;
でもそこからだとステージ全体はフレームに入りませんが、ボサノヴァのステージでは見かけませんね(苦笑)
DSC01106.JPG

そして今日の中原仁さん、連日DJブースでバラエティ豊かなブラジル音楽を紹介しています。
DSC01277.JPG

このイベントも今年で4回目、今年は4日間の開催で第一回から比べると規模が縮小気味ですが
いつまでも続いてほしいですね。
DSC01252.JPG

撮影禁止のステージもあり写真で紹介出来たのは一部ですが思う存分サンバ、ボサノヴァに浸れました!
このイベントのトリは第一回から参加のカルナバケーションが務めます、今回はフル編成ではないものの
いつものノリはそのまま、逆にお客さんとの距離はかなり近かった親しみのあるステージでした。
DSC01264.JPG


私のCD棚から
思い出は美しすぎて  八神純子
IMG_5292.JPG

八神純子と聞けばほとんどの人は「みずいろの雨」あたりが頭に浮かぶのでは?
いや「パープルタウン」だ「ポーラースター」だという方も多いのかと。
しかし私にとってはこのアルバムに入っている「雨の日のひとりごと」なのです!
デビュー曲でもあり何と高校生でこの曲を引っ提げてポプコンに出場!
ボサノヴァフィーリングに溢れ全てにおいてレベル高し、こんな曲を作ってしまう高校生恐るべし!




池袋西武にコルコバードの丘が出現 [音楽]

リオデジャネイロでのオリンピックも近づき日本でも関連イベントが多くなって来ました。
その中でも今回は池袋西武の屋上にコルコバードの丘のキリスト像の壁画が登場したとのことで
早速見て来ました[晴れ]
DSC08363.JPG

いや~ドデカイ!超迫力です(笑)実際に行くことが出来ないのでこの壁画でブラジル気分を味わいます。
DSC08357.JPG

この壁画はサンパウロで活動するアーティスト、エドゥアルド・コブラ氏が3週間かけて完成させたもの。
5月31日から制作を開始しこのたびめでたく完成[ぴかぴか(新しい)]8月22日まで飾られているとのこと。
DSC08353.JPG

しかも期間中はここでサンバやボサノヴァの演奏等も行われ屋上の風を感じながら飲んだり食べたり
もうこれは通い詰めたくなります(笑)
DSC08383.JPG

この日はサンパウロのアーティスト、シキーニョさんのボサノヴァの演奏で盛り上がりました!
残念なのは開演前に雨が降って来てお客さんが少なくなってしまったこと。
残ったのはいかにも好きそうな人ばかり(笑)私も雨に負けず聴きました(笑)
DSC08396.JPG

帰って来た今日のブラジル音楽
今回はジャズ寄りのものから3曲、最初はこのブログ記事を書いていたら無性に聴きたくなった
ジェットのサンバ、この曲はまさにこの壁画の風景を歌っています。
でもここはリオでなく池袋(苦笑)そのためブラジルではなく日本のアーティストの演奏で!
松田美緒(vo)と沢田穣治(cb)のアルバム「カンタ・ジョビン」より[るんるん]
飛行機に乗っていてガリオン(アントニオカルロスジョビン)空港に着陸するまでの
風景と心の中のワクワクする気持ちを歌ったもので歌詞にはこのキリスト像も登場、
海面が輝き滑走路が目の前に見えて来て頭の中はサンバがぐるぐる状態(笑)
みたいな曲です[猫]

Mio Matsuda + Jyoji Sawada with Strings - Samba do Avião


次はジャズヴォーカルの女王サラヴォーンがブラジルの曲を歌ったアルバム
「コパカバーナ」よりタイトル曲のコパカバーナ。最初のコーラスでもう持って行かれます(笑)

Sarah Vaughan - Copacabana


最後はミルトジャクソン(vib)のアルバム『ジャズ・ン・サンバ』から「キス・アンド・ラン」
リリアンクラークのヴォーカルはミルトのヴァイブと愛称抜群!

Milt Jackson - Kiss and run


※参考までに今回紹介したジャケ写も載せておきます(左から順に)
IMG_4936.JPG

それでは鉄道ネタも少し、前回のアーカイブの続きになります。
中央ライナーが面白かった時代(国分寺駅)
P1030739.JPG

中央線201系の出場(原宿駅)
IMG_2383.JPG

ムーンライトえちご(大宮駅)
IMG_2076.JPG

京王甲種(小田原駅)
IMG_0279.JPG

西武甲種(新秋津)
IMG_2851.JPG

次は先週水道橋付近を少しロケハンした時の写真、検測の時なら使えるかな?(笑)
DSC08348.JPG

最後はふなっしー&総武線のイラスト[わーい(嬉しい顔)]
DSC00507.JPG

音楽漬けの大型連休 [音楽]

今年のGWはひたすらコンサート巡りで鉄分補給と言えば途中で
すれ違う臨時列車を見るだけとなってしまいました。
それでは今回私がどんなコンサートに行ったのか順番に書いてみます。
最初は4月28日から30日まで神田のワテラスで行われた
「ジャズ・オーディトリア 2016」というフリーのジャズライヴ[るんるん]
一流のプロミュージシャンの演奏が無料で楽しめるというケチな金欠の私にはまさに神イベント[exclamation]
もちろん3日間全て行きたかったのですが行けたのは2日間のみ。
それでも行けた日は丸一日全てのライヴを聴きまくりました。
DSC07599.JPG

ちなみに今回の参加アーティストを並べてみると、ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラ、
大西順子トリオ、山中千尋トリオ、フライドブライド with TOKU、宮里陽太クァルテット
ザ・ショッキング、Tina等豪華だわ~[わーい(嬉しい顔)]
DSC07588.JPG

しかし良い席で観るには早くから行って整理券をもらわないといけないのです[あせあせ(飛び散る汗)]
まあ屋外で長時間待つのは列車の撮影で慣れているのですが(笑)
とりあえず配布2時間前に行って第一希望のブルーノート東京オールスタージャズオーケストラは
36番をゲット!各アーティスト300枚配布でしたが配布開始時間には既にそれ以上の人が並び
整理券をゲット出来なかった人もかなり居ましたが立ち見や後方の芝生で寝そべって観ることは出来ます。
DSC07672.JPG

整理券を無事ゲットしてもライヴ開始までは更に2時間待たねばなりません[あせあせ(飛び散る汗)]
けっこう体力勝負です(苦笑)
DSC07674.JPG

会場全体の様子をパノラマで撮ってみました(クリックで大きくなります)
演奏中のステージ撮影はNGなので写真でライヴの熱気をお伝え出来ないのが残念です。
DSC07745.JPG

DSC07743.JPG
しかし今回のイベントをブログにした時にやはり全く鉄分が無いのが申し訳なく
苦し紛れの1枚ですが撮ってみました(汗)ジャズフェス会場のフラッグと中央線を絡めてみました。
右下にオレンジ帯のE233系がチラリと、クリックで写真大きくなります!キビシイですね~(^^;
DSC07688.JPG

会場は万世橋のすぐ近くなので中央線、総武線両方の電車が見えるので何かネタ列車が
あればこんな感じに絡めて撮ろうと思ったものの結局撮れず仕舞い。(地図一番上の外堀通りが撮影地点)
IMG_4824.JPG

それでは更にもうひとつ[新幹線]この会場内では子供も楽しめる様にミニトレインも走らせています!
機関士の助手はこのお方が頑張ります[ぴかぴか(新しい)]
DSC07636.JPG

ぐるぐる巻きで拘束されてますが(笑)
DSC07728.JPG

しかし地下鉄にディーゼル機関車と激熱編成[exclamation×2]
DSC07716.JPG

念のためこのミッフィーは私が連れて来て乗せた訳ではありませんので(笑)
ところでステージの間にはリハーサルの様子も観ることが出来てこれもまた楽しい!
ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラなどはこのライヴの後に
青山のブルーノート東京で夜から公演があり何とそのリハーサルをやっていたのだから
本来有料で観るべき演奏までここで聴けてしまいかなり美味しかったです。
本当は青山の方も行きたかったのですがこちらのチケットは既に完売で行けず(涙)
小野リサやジャズ界の大御所であるベニーゴルソンも更に加わるとなれば
これはもうプラチナチケットでしょう。
しかしこの公演はネットでライヴ配信されるのでそれをチェック、リハーサルでやってた曲が
次から次へと[グッド(上向き矢印)]
DSC07628.JPG

ちなみにこのライヴ配信は帰りの電車内でスマホで観賞、しかし電車の中で完全にノリノリに
なってしまった私は途中三鷹で電車を降りエキナカのプロントへダッシュ!
ちょうどバータイムなので店内も暗く落ち着いてじっくりライヴを鑑賞出来ます。
しかもちょっとおつまみなんか注文出来たりするので私の中では三鷹駅構内の
プロントがジャズクラブに変身なのです!完全にここはブルーノート東京の店内だと思い
後半ライヴを楽しみました(笑)
IMG_4846.JPG

一番観たかった小野リサとベニーゴルソンをじっくり落ち着いて観ることが出来て
食べ物も色々と注文してしまいました。
ワテラスでの無料イベントは全曲フュージョンの名曲をビッグバンドアレンジで演奏したのですが
ブルーノート東京は更にメインストリームジャズやボサノヴァもあり。
IMG_4849.JPG
ライヴの終了近くにトイレに行きたくなったのですが終わるまで我慢、そして演奏終了と共に
トイレにダッシュしたのですが何と三鷹駅のトイレは改装工事中で閉鎖中(汗)
かなりヤバイ状態だったので駅員に尋ねたら何と改札の外に出て更に階段を下りて
交番の横の公衆トイレを使ってくれとのこと[がく~(落胆した顔)]
もうトイレまで走りましたよ!ギリギリセーフでした[たらーっ(汗)]

そして5月に突入!次は前に触れたベニーゴルソンのライヴを観にブルーノート東京へ[るんるん]
ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラとのライヴは完売で予約出来ませんでしたが
ベニーゴルソンカルテットでの公演は余裕で予約出来ました[わーい(嬉しい顔)]
今年でもう87歳、現役でステージに立っていること自体が奇跡です。
ここで彼のプロフィールを書くと大変なことになってしまうのでもっと詳しく知りたい方は
検索してみて下さい!それだけジャズの歴史の生き証人でもあり凄いお方なのです!完全に手抜き(苦笑)
とりあえず彼の曲を本人の演奏で聴いてみて下さい。(テナーサックスのおじさんがベニーゴルソンです)
クインシージョーンズの演奏の方が有名かも知れません。曲は「キラー・ジョー」[るんるん]
途中ピアノソロでジョージガーシュインのアノ名曲をぶち込んで来るあたりも楽しい。
Benny Golson - Killer Joe


私はいつもブルーノート東京に行く時は原宿駅から表参道を散歩しながら向かいます。
途中キデイランドの前に来ると何だか凄い人だかり[あせあせ(飛び散る汗)]
もしやと思いカメラを取り出しその人だかりの方へ行くとリラックマが登場するところでした[るんるん]
ゆるキャラではないけどキャラクター運好調(笑)しかも今回は被り物をしているではありませんか!
おお!今静かにブームの予感な被り物キャラ同好会としてはかなり嬉しい[わーい(嬉しい顔)]
DSC07767.JPG

リラックマでテンションが更に上がった状態で本日のメイン、ブルーノート東京に到着[るんるん]
DSC07813.JPG

おお!マエストロお久しぶりでございます!
DSC07819.JPG

本日はかえるのキックルと共に演奏を楽しませていただきます(笑)
IMG_4866.JPG

オープニングはベニーゴルソンの大定番曲「ウイスパー・ノット」昔の演奏と比較するのは
野暮なこと、87歳で管楽器をこれだけ吹くことがどれだけ凄いことか!
レジェンドがすぐ目の前、10mも離れていない所で生で演奏しているということだけで涙モノ!
2曲目は「スティブルメイツ」これもゴルソンの曲、演奏前には全ての曲に対してその曲に
まつわる思い出等を語りまたそのトークがかなりユニーク。
3曲目はジョンコルトレーンの「ミスターP.C.」演奏前に語る話しの登場人物は既にもう皆故人
懐かしさと寂しさを彼の表情から感じました。
4曲目はゴルソンはお休みでピアノトリオでの演奏となりこれもジャズのスタンダード
「フォー・オール・ウイ・ノウ」[るんるん]ここでゴルソンは最後の曲の為に体力を回復か?(笑)
いや若いメンバーだけで思いっ切りプレイさせてあげる機会を提供したに違いありません。
参考までにマイク・レドン(p)、ボブ・マグナッソン(b)、ジョー・ファーンズワース(ds)
そしてラストはアートブレイキーとジャズメッセンジャーズ時代のゴルソン作曲の名曲
「ブルース・マーチ」[るんるん]この曲はメチャメチャ盛り上がりますよ[exclamation]
昔ケンウッドのステレオのテレビCMで使われていたので曲を聴けばジャズを聴かない人でも
何となく知ってるかも。スヌーピーとか登場するやつですよ[犬]
最後のメンバー紹介はチャーリー・パーカーの「ナウズ・ザ・タイム」にのせて[バー]

それでは今回のライヴで演奏した曲からブルースマーチを聴いてみて下さい!
Art Blakey & the Jazz Messengers - Blues March


まだまだ続きます!次はこの翌日4日はとりあえず吉祥寺へ行きジャズライヴを楽しみ
DSC07826.JPG

そのまま東京国際フォーラムへ!今年も「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016」に来ました。
ジャズの次はクラシック漬けです(笑)ここでも何とか鉄分も補給したいので会場と電車を絡めて
みたのですがかなり適当(苦笑)
DSC07844.JPG

NHK-FMでも会場から生放送をしていて1日中クラシックばかり
DSC07850.JPG

コンサートを聴く前にホールAのロビーから鉄分補給!
DSC07856.JPG

本日のメインはこちらのコンサート、CDは何枚か持ってますが庄司紗矢香のバイオリンを生で聴くのは
今回が初めてです。演奏後にはサインも貰って帰って来ました。
IMG_4874.JPG

そして翌日5日こどもの日も私はまた東京国際フォーラムへ[猫]
この日はクラシックを聴く前に2つのミッションが!最初は会場のすぐ近くで行われている銀座柳まつりで
ゆるキャラに会う(笑)今回もたくさんのキャラが登場したのですがここではとりあえず3体を紹介。
最初はおなじみのそばっち!
DSC07888.JPG

次はぐんまちゃん!子供の日ということでこいのぼりを持って登場[わーい(嬉しい顔)]
DSC08027.JPG

そしてそして待ってました今年初のアルクマと対面[exclamation]
DSC08109.JPG

信州だけでなく銀座を歩くのもなかなか良いではないですか
DSC08058.JPG

最後に会ったのは半年前でした
DSC08136.JPG

歩行者天国なのでタクシーは来ませんが・・・
DSC08067.JPG

いや~今回も癒された~[るんるん]
DSC08079.JPG

ゆるキャラとたわむれた後は鉄道撮影のロケハンです。何となくどんな感じか予想は出来ましたが
一応チェックしなければ!その場所は銀座に新しくオープンした東急プラザの屋上[わーい(嬉しい顔)]
DSC08151.JPG

電チラ写真好きな方におすすめ(笑)[新幹線]
DSC08150.JPG

そうそう本日のメインを忘れてはいけません!コンサート会場に戻らねば[演劇]
この日はモスクワ生まれの若手ピアニスト、ルーカス・ゲニューシャスとウラル・フィルハーモニー管弦楽団の
演奏を楽しみますがこの人も生で聴くのは初めてです。
IMG_4876.JPG

今回の大型連休はこれでもかと音楽漬けで楽しいですがけっこう疲れました(笑)